2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ガヴリール「千咲ちゃん、宇宙になる」 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:02:05.129 ID:JBnwPIA20
 
-ラフィエルの家-


ラフィエル「どうやったらもっと天使らしくなれるか、ですか?」


タプリス「はい。わたし、こんな何をやってもダメダメな天使ですから」

タプリス「白羽先輩たちのように、もっと立派な天使になりたいんです!」

ラフィエル「タプちゃんは、もう十分に天使としての役割を果たしていると思いますよ」

タプリス「いえいえ、わたしなんて、ドジばかりで知らないことばかりですし……」

ラフィエル「少しおっちょこちょいなところも、それはそれで愛嬌があって」

ラフィエル「とても親しみやすいという利点がありますし」

ラフィエル「知識については、これから少しずつ蓄えていけば良いんです」

ラフィエル「急いで頭に入れても、使えなかったら意味がありませんしね」

タプリス「たしかに、そうですが……」


タプリス「わたしがもっともっと上を目指す姿を天真先輩が見てくれて」

タプリス「少しでも先輩の更生きっかけになればって、思って……」

ラフィエル「そうですかそうですかぁ」

2 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:05:15.508 ID:JBnwPIA20
 
ラフィエル「タプちゃんの気持ち、重々伝わってきました」

タプリス「し、白羽先輩、それじゃあ……」

ラフィエル「それでは私からアドバイスです」

ラフィエル「もっと上を目指すのに、私のおすすめの方法はですね……」

タプリス「……ごくり」


ラフィエル「そのなりたい自分を、まず演じてみることです」

タプリス「えっ、演じるんですか?」

ラフィエル「なんとなくですが、タプちゃんの頭の中にも」

ラフィエル「素晴らしい天使像というものがありますよね?」

タプリス「は、はい」

ラフィエル「それに、自分がなろう、ではなくて」

ラフィエル「それを演劇のように、役を演じる感覚で過ごしてみるんです」

ラフィエル「自分とは違った役を演じているんだと、はっきり認識をして」

ラフィエル「それを毎日続けていきます」

タプリス「ふ、ふむふむ……」

3 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:07:36.801 ID:oFDgYV1A0
なるほど

4 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:08:08.493 ID:Q5FNtAB/0
支援

5 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:08:21.319 ID:JBnwPIA20
 
ラフィエル「最初はつらいかもしれませんが」

ラフィエル「これは役、役なんだって強く意識して、ずっと続けていくと」

ラフィエル「いつのまにか、前の自分のことを忘れてしまって」

ラフィエル「その役が自分になっている、という流れですかね」

タプリス「す、すごいです! さすが白羽先輩です!」


ラフィエル「しかし、最初がやはり大変です。タプちゃんはやれますか?」

タプリス「はい、これも天真先輩のため! がんばります!」

ラフィエル「ふふっ、わかりました」


ラフィエル「では私から一つ、タプちゃんにおまじないをかけてあげましょう」

タプリス「本当ですか! ぜひお願いします!」

ラフィエル「では、ちょっと頭を出してくださいね」

タプリス「えっと、こうですか?」

ラフィエル「タプちゃんの理想の天使像を思い浮かべてください」

タプリス「は、はい」

ラフィエル「じゃあいきますよ、せーのっ!」

 ゴツンッ
 

6 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:08:48.873 ID:oFDgYV1A0
ksk

7 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:08:52.313 ID:LPmRr03J0
支援

8 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:09:02.607 ID:oFDgYV1A0
!!!!?

9 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:11:15.612 ID:JBnwPIA20
 
-公園-


女の子「タプリスお姉ちゃん、一緒に遊ぼー」

男の子「違うよ! お姉さんは僕達と遊ぶんだよ!」

タプリス「こらこら喧嘩してはいけませんよ」

タプリス「みんなで仲良く、一緒に遊びましょう?」

子供達「はーい」

タプリス「ふふっ、いい子たちですね」



ガヴリール「……」

ヴィーネ「あれっ、ガヴ?」

ガヴリール「ああ、ヴィーネか」

ヴィーネ「ガヴが外にいるなんて珍しいわね……」

ガヴリール「……ちょっと腰が痛くなったから、気分転換に散歩してるだけ」

10 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:11:39.094 ID:LPmRr03J0
支援

11 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:12:51.691 ID:W7h1f5Prp
支援

12 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:14:04.000 ID:uRlWvITu0
そうですかそうですかぁ
が何故かわからないけどほんと好き

13 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:14:26.365 ID:uRlWvITu0
支援

14 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:14:37.376 ID:JBnwPIA20
 
ヴィーネ「あら、子供たちと遊んでるのって、タプちゃんじゃない」

ガヴリール「ああ、そうみたいだな」

ヴィーネ「なんかすごく子供たちに好かれてる感じねぇ」

ガヴリール「……精神年齢が近いからじゃないか?」

ヴィーネ「もうそんな酷いこと言って。それで、声かけないの?」

ガヴリール「いいよ、邪魔しちゃ悪いし」

ヴィーネ「そう。じゃあ私もやめておこうかな」



 タッタッタッ

女の子「お姉ちゃん、こっちこっちー」

タプリス「あははっ、待ちなさーい」



ガヴリール「……まあ、いいか」

ヴィーネ「ん、何か言った?」

ガヴリール「いや、なんにも」

ヴィーネ「そっか」

15 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:15:09.184 ID:oFDgYV1A0
腰が痛くなるのか

16 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:18:23.576 ID:JBnwPIA20
 
-数日後 公民館-


お婆さん「おや、タプリスちゃん、また来てくれたのかい。嬉しいねぇ」

タプリス「こんにちは、お婆ちゃん。腰の具合はどうですか?」

お婆さん「最近はずいぶんと調子がいいよ」

お婆さん「タプリスちゃんがマッサージしてくれたおかげだねぇ」

タプリス「本当ですか、それはよかったです」ニコッ

お爺さん「タプリスちゃん、またあのお話の続き、聞かせてもらえんか」

タプリス「わかりました、ではお部屋お借りして、みなさんも呼びましょうか」

お爺さん「それがええ。タプリスちゃんのお話、楽しみじゃのう」



ガヴリール「……」

委員長「あら、天真さんじゃない。こんな所で会うなんて珍しいわね」

ガヴリール「ああ、委員長か。ちょっと役所手続きでね」

17 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:20:28.983 ID:JBnwPIA20
 
委員長「そうなんだ。あれ、あの子たしか、千咲さんよね」

ガヴリール「え、委員長、タプリスのこと知ってるの?」

委員長「えぇ。最近、私も参加しているボランティア活動でよく会うのよ」

ガヴリール「ボランティアって?」

委員長「町内会のゴミ拾いとか、お年寄りのお世話とか、ね」

委員長「細かな気配りもできて、すごく働き者だから」

委員長「本当に助かっているわ」

ガヴリール「そうなんだ」

委員長「彼女、物腰がとても柔らかで真面目だし、いつもにこにこしていて」

委員長「しかも、それを鼻にかけることなんて一切しないし」

委員長「みんなに好かれる存在、そのものよね」

ガヴリール「えっ、あいつの物腰が……柔らかい?」

委員長「私と会っている時はそうだけど……違うの?」

ガヴリール「い、いや、なんでもない。今のは忘れて」

委員長「そう? それじゃ、私このあと買い物に行かないといけないから」

ガヴリール「ああ、また学校でな」


ガヴリール「……」

ガヴリール「……別にいいか」

18 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:23:46.939 ID:JBnwPIA20
 
-エンジェル珈琲-


マスター「天真くんお疲れさま、今日はもうあがっていいよ」

ガヴリール「うす」

マスター「ああ、ごめん。最後にチラシの整理だけお願いしていいかな」

マスター「捨てるだけでいいから」

ガヴリール「うっす」

 ぺらっ

ガヴリール「これは……」

マスター「ああ、それかい。市内の講演会のお知らせみたいだねぇ」

ガヴリール「ふーん……って!?」


------------------------------------------

題目:『人生を豊かに生きるために』 15:00-16:00

講演者:千咲=タプリス=シュガーベル

------------------------------------------
 

19 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:25:08.436 ID:oFDgYV1A0


20 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:25:24.283 ID:W7h1f5Prp
わろた

21 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:26:17.151 ID:JBnwPIA20
 
ガヴリール(同姓同名……なわけないよな)

ガヴリール「な、なんであいつがこんなこと……」

マスター「あれ、天真くん。千咲さんと個人的な付き合いがあるのかい?」

ガヴリール「い、一応、知り合いです……」

マスター「そうなんだ。いや、彼女すごいよねぇ」

マスター「最近、市内のイベントで見ないことがないし」

マスター「まだかなり若そうに見えるのにねぇ」

ガヴリール「そ、そうなんですか……」

マスター「知り合いなら、ぜひ今度、ここにも招待してほしいな」

ガヴリール「う、うす」


ガヴリール「……」

ガヴリール(べ、別にあいつが何をやろうと、あいつの勝手だろ)

ガヴリール(私が、とやかく言うことじゃ……ない)

22 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:27:14.263 ID:Q5FNtAB/0
ワロタ

23 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:29:17.006 ID:JBnwPIA20
 
-数週間後 サターニャの家-


サターニャ「ガヴリールゥ! 今日こそあんたを倒してみせるわ!」

ガヴリール「あれだけ負け続けてんのに……いい加減諦めろよ」

サターニャ「なはっ、今までのは全て様子見。つまり、今回のための布石よ!」

ガヴリール「はいはい……」


テレビ司会者『それでは、本日のゲストである……』

テレビ司会者『千咲=タプリス=シュガーベルさんのご登場です!』


ガヴリール「えっ!?」

サターニャ「なっ!?」


テレビ司会者『今、現代人の疲れた心に染み渡る、優しくて心がほっとするお話と』

テレビ司会者『可憐なお姿のギャップが大好評を博していますが』

テレビ司会者『今のお気持ちを、お聞かせ願いますか?』

タプリス『えぇ、わたしのお話が、少しでも……今を生きている人たちの』

タプリス『支えとなり、助けとなるならば』

タプリス『これ以上の喜びはありません』ニコッ

24 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:32:48.199 ID:JBnwPIA20
 
サターニャ「な、なによこれ。最近見かけないと思ったら」

サターニャ「テレビに出るまでの人気者になってるなんて!」

サターニャ「しかも、これ全国放送じゃない! キィィッ! 悔しい!」


サターニャ「私よりも先に、こんな超有名になるなんて!」

サターニャ「なんてうらやま――じゃなくて生意気なのかしら!」

ガヴリール「……」


サターニャ「どうしたのよ、ガヴリール。黙っちゃって」

サターニャ「ははぁん、わかったわ」

サターニャ「あんたも後輩天使に先を越されて悔しいのね?」

ガヴリール「……そんなんじゃない」

サターニャ「ふふっ、そりゃあそうよね」

サターニャ「天使学校首席のあんたが、後輩に引けを取るだなん――」

ガヴリール「そんなんじゃないって言ってるだろ!!」

サターニャ「っ!? な、なによ、急に大声出したりして」


ガヴリール「……」

サターニャ「……」

ガヴリール「……ごめん、帰るわ」

 バタンッ

サターニャ「ったく、なんなのよもう。って、また勝負すっぽかされた!?」

25 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:35:36.902 ID:JBnwPIA20
 
-数週間後 ガヴリールの家-


ガヴリール(なんか最近、ネトゲも飽きてきたな……)

ガヴリール(てきとーに動画でも見るか……ランキングを覗いてっと)

ガヴリール(再生数一位、なんだこれ。再生数100億回だって!?)

ガヴリール(どんだけだよ……って)


ガヴリール(う、嘘……だろ?)

ガヴリール(Tapris Sugarbell Chisaki?)

ガヴリール(まさか、あいつ……なのか?)


ガヴリール(世界中の人からのコメントが付いてる……)

ガヴリール(大絶賛じゃん……)


ガヴリール「なんだよ、これ……」

ガヴリール「もう、わけがわからない……」

ガヴリール「あいつ……どこに行こうとしてるんだよ」

ガヴリール「……」

ガヴリール「……くそっ」

26 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:36:48.435 ID:LPmRr03J0
なんかかんか言ってサターニャの家に行ってるガヴ。

27 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:38:43.780 ID:JBnwPIA20
 
-数ヶ月後 千咲教 総本山-


千咲教信者「教祖様にお会いしたい、と?」

ガヴリール「はい」

千咲教信者「失礼ですが、お約束はされていますか?」

ガヴリール「……いえ、していません」

千咲教信者「教祖様の面会予定は、この先、数年は埋まっておりまして」

千咲教信者「申し訳ありませんが、お引き取りください」

ガヴリール「私はあいつの先輩で、知り合いなんです!」

ガヴリール「私の名前を伝えてもらえれば、絶対会ってくれるはず!」

千咲教信者「そう言われましても……」


ガヴリール「おい! タプリス! いるんだろ!」

ガヴリール「私だ! ガヴリールだ!!」

千咲教信者「あ、あなたねぇ! いい加減にしてください!」

ガヴリール「ちょっ! 離せよ! 離せったら!!」

ガヴリール「おい、タプリス!! 返事をしろ!! タプリスゥゥ!!」

千咲教信者「おいっ! と、取り押さえろ!!」


 「おやめなさい!」
 

28 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:41:47.577 ID:JBnwPIA20
 
タプリス「……」

ガヴリール「タプリス! よかった、出てきてくれたんだな!」

千咲教信者「おいっ! 教祖様になんて口のきき方を!!」

ガヴリール「い、いたっ! 頭を、押さえつけるな!」

タプリス「……おやめなさいと、言っているのです!」

千咲教信者「きょ、教祖様……ははぁ……」

 ズサァ

タプリス「……こちらへよろしいですか?」

ガヴリール「あ、あぁ」



-教祖の私室-


ガヴリール「お前が出てきてくれて、助かったよ」

タプリス「申し訳ありませんでした。皆さん、悪気はないのです」

ガヴリール「ああ、別にいいよ」

ガヴリール「それにしても、暫く見ないうちにすごいことになってるな」

ガヴリール「お前がこんなに人気者になるなんて思わなかったよ」

タプリス「お恥ずかしい限りです」

タプリス「ですが……わたしはただ、みなさんの幸せを願っているだけですから」

29 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:44:43.740 ID:JBnwPIA20
 
タプリス「ところで、今日はどういった御用だったでしょうか」

ガヴリール「ああ、えっと……」

タプリス「……」

ガヴリール「なぁタプリス、その……みんなのところに帰ってこないか?」

タプリス「えっ……帰る?」

ガヴリール「お前が本当に立派な事をやってるってのはわかるんだけどさ」

ガヴリール「なんというか、……お前らしくないというか」

ガヴリール「こう……しっくりこないというか」

タプリス「……わたしらしく、とはなんでしょうか」


ガヴリール「それはその……おっちょこちょいでドジも多くて、すぐ泣いて」

ガヴリール「で、いつも私の後ろにくっついてきて」

ガヴリール「……正直、鬱陶しいと思うこともたまにあったけど、さ」

ガヴリール「でも別に嫌とか、そういうわけじゃなくって」

ガヴリール「むしろ嬉しいことの方が多かったというか……」

ガヴリール「つまりだな、その、お前はそういう奴だっただろ……?」

タプリス「……」

ガヴリール「なぁ、タプリ――」


タプリス「……忘れました」

30 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:45:58.859 ID:LPmRr03J0
支援

31 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:46:01.251 ID:oFDgYV1A0
ラフィが裏で笑ってそう

32 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:47:55.685 ID:JBnwPIA20
 
ガヴリール「はっ? 忘れたって……」

タプリス「そんな昔のわたしのことなんて、忘れてしまったんです」

ガヴリール「な、何言ってんだ! それじゃあ、私たちと過ごした時間も」

ガヴリール「忘れてしまったって、言うのかよ!」

タプリス「……」

タプリス「……わたしは今、本当に大勢の人たちの」

タプリス「生きる希望となっているんです」

タプリス「ですからわたしが、そのようなことをするわけにはいきません」


ガヴリール「お前はお前だろ! お前がしたいことをやって何が悪いんだよ!」

ガヴリール「そんな……他の知らない人のことなんて、どうでもいいじゃんか!」

タプリス「なっ……」

ガヴリール「お願いだ、タプリス。私たちともう一度、一緒に……」

タプリス「……お引き取りください」

ガヴリール「えっ、タプリス……?」


タプリス「お引き取りくださいと言ったんです、天真さん」

ガヴリール「お、お前っ……そ、それが答えか」

タプリス「はい」

ガヴリール「……わかったよ」

33 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:50:32.032 ID:JBnwPIA20
 
-数ヶ月後 住宅街-


お婆さん「はぁ、こうやって幸せに長生きできるのも」

お婆さん「タプリス様のおかげですねぇ」

お爺さん「ほんとだわ、ありがたやありがたや」

お爺さん「それじゃ、タプリス様の像へ礼拝に行こうかの」



お母さん「こら! 悪戯すると、タプリス様から見放されてしまうわよ!」

女の子「えぇっ! それは嫌っ!」

お母さん「だったら言うことをききなさい!」

女の子「はぁい……」



ガヴリール(……)

ガヴリール(この世界は異常だ)


ガヴリール(あれから、あの時から……)

ガヴリール(犯罪は激減し、戦争は消え、飢えと貧困もなくなった)

ガヴリール(世界中の誰もが、幸福に暮らせるようになった)

ガヴリール(……あいつの望んでいた、世界になった)


ガヴリール(この世界は異常だ)

34 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:54:02.009 ID:JBnwPIA20
 
 ファサッ

ラフィエル「ガヴちゃん!」

ガヴリール「ラフィエルか、どうした」

ラフィエル「タ、タプちゃんの、タプちゃんの反応が……」

ガヴリール「あ、あいつの反応……って、これは」

ラフィエル「ガヴちゃんも感じますか?」

ガヴリール「あぁ、急速にタプリスの生命反応が小さくなって……」

ラフィエル「こ、このままじゃ、タプちゃんは……」

ガヴリール「くそっ、あ、あいつ何をするつもりだ……」

ラフィエル「場所は既に特定してあります、ですが私一人の力では……」

ガヴリール「わかった、協力する」

ラフィエル「私の力を全てお渡しするので、ガヴちゃんが行ってください」

ガヴリール「了解」



ラフィエル「それでは……タプちゃんを頼みましたよ」

ガヴリール「ああ、任せとけ」

ガヴリール「……神足通」

 ヒュンッ
 

35 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:55:39.500 ID:oFDgYV1A0
ラフィが全ての元凶だよな

36 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:57:46.999 ID:JBnwPIA20
 
-世界の果て-


 パァァァァァッ


タプリス「……」

タプリス「……ようやく、ようやくこの時がきました」


 シュンッ

ガヴリール「タ、タプリス!? なんだこの光!?」

タプリス「あなたは……」

ガヴリール「ともかく、こんなことはやめろ! お前、死ぬ気か!」

タプリス「いえ、わたしは死にません」

ガヴリール「な、なんだって……?」


タプリス「わたしはこれから、この世界となり、宇宙となることで」

タプリス「この世の中に生きる子らを未来永劫、愛し、見守っていくのです」

ガヴリール「何バカなこと言ってんだ! そんなことしたら……」

ガヴリール「お前は生物の一個体ではなくなってしまって」

ガヴリール「一生死ぬことも許されず、苦しみ続けて」

ガヴリール「私たちとはもう二度と、会えなくなるんだぞ!」

37 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:58:32.712 ID:oFDgYV1A0
意味が分からない

38 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 21:59:41.360 ID:KJz3lfZ1d
あたしってほんと馬鹿

39 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:02:21.773 ID:JBnwPIA20
 
タプリス「わかっています」

ガヴリール「だったら……」

タプリス「それでもわたしは……この世界を」

タプリス「この世界に生きる人たちを、愛していますから」


ガヴリール「タプリス頼む……戻ってきてくれ」

タプリス「それは、できません」

ガヴリール「……私にはさ、お前が……必要なんだよ」

タプリス「……」

ガヴリール「行かないでくれ、お願いだ……頼むよ、ぐすっ……」

ガヴリール「タプリス……お願い、だからぁ……」


タプリス「……ありがとうございます」

タプリス「そのお気持ち、わたしはけっして忘れません」


ガヴリール「おいっ! タプリスッ! 行くなっ!!」

タプリス「あなたの幸せを、ずっとずっと願っていますから」


ガヴリール(ひ、光が……弾けて……)


 『天真先輩』


 パァァァァァッ
 

40 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:03:34.729 ID:oFDgYV1A0
ラフィの最初のはどういう意味があるんだ

41 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:05:54.546 ID:JBnwPIA20
 
――――――

――――

――


ガヴリール(……タプリスが、いなくなってしまってから)

ガヴリール(この世界は皮肉にも、以前の諸悪が蔓延る世界へと逆戻りした)

ガヴリール(世界中の人々が、幸せを感じることが少なくなっていた)


ガヴリール(あんなにも世界を愛していたあいつのことを……)

ガヴリール(世界中の人たちは忘れてしまった)


ガヴリール(だったら私がすべきことは……ただ一つ)

ガヴリール(あいつが望んだ世界をもう一度……私の手で……)



ラフィエル「ガヴちゃん……本当に良いのですか?」

ガヴリール「ああ、やってくれ」

ラフィエル「じゃあいきますね、せーのっ!」


 ゴツンッ
 

42 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:07:53.746 ID:oFDgYV1A0
どういうことだ…

43 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:08:53.787 ID:JBnwPIA20
 
――――――

――――

――


 『ガヴリールお姉ちゃん、一緒に遊ぼー』


 『いつも掃除ありがとうね、天真さん』


 『ガヴリールちゃん、また来てくれたのかい。嬉しいねぇ』


 『講演者:天真=ガヴリール=ホワイト』


 『ゲストである、天真=ガヴリール=ホワイトさんのご登場です!』


 『Gabriel White Tenma 視聴回数:11,827,192,717』


 『教祖様! ガヴリール様、ばんざーい!』


 『ガヴリール様……はぁ、ありがたやありがたや』


 『ガヴ、私は……私はあなたのことを……』


――

――――

――――――
 

44 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:09:54.239 ID:oFDgYV1A0
??

45 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:12:15.520 ID:JBnwPIA20
 
-世界の果て-


ガヴリール「……」

ガヴリール「……ようやく、ようやくこの時がきました」

ガヴリール「タプリス」

ガヴリール「あなたの望んだ世界、やっと取り戻しましたよ」


ガヴリール「……今ならわかります」

ガヴリール「あの時のあなたの、気持ちが」

ガヴリール「本当に、本当に心から、この世界を……愛していたのですね」

ガヴリール「そして……私もまた、あなたと同じように」

ガヴリール「世界と一つに、なりたいと思います」



ガヴリール「それでは、いきましょうか」

ガヴリール「あの子の待つ場所へ――」



 パァァァァァッ
 

46 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:16:05.811 ID:JBnwPIA20
 
 
タプリス「……」



ガヴリール「……遅くなって悪かったな」

タプリス「……えっ」

ガヴリール「迎えに来たぞ、タプリス」

タプリス「て、天真先輩……? どうしてこんなところに!?」

ガヴリール「言っただろ」

 ぎゅぅ

タプリス「あっ……」

ガヴリール「私にはお前が必要だって」

タプリス「先輩っ……ぐすっ……せんぱぁいっ……」

ガヴリール「本当に、お前の泣き虫は……変わらないな」

タプリス「だ、だって……わたし、ここで一人、一人きりで……」

タプリス「ずっとずっと、寂しくて……」

ガヴリール「今までよく頑張ったな、偉いぞタプリス」ナデナデ

タプリス「ぐすっ……ひっくっ……」

47 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:20:28.975 ID:JBnwPIA20
 
ガヴリール「よし。それじゃあ帰るぞ、タプリス」

タプリス「えっ、帰るって……先輩?」

ガヴリール「みんなも心配してるからな」

タプリス「でもここは……何もない、いわゆる概念だけの世界……です」

タプリス「元の世界には……けっして戻ることはできません」


ガヴリール「……私を誰だと思ってるんだ」

タプリス「へっ」

ガヴリール「天使学校首席の、天真=ガヴリール=ホワイトだぞ?」スッ

タプリス「そ、それは……世界の終わりを告げるラッパ!?」


ガヴリール「概念だろうがなんだろうが……」

ガヴリール「お前を縛る、このクソッタレな世界なんて……」

ガヴリール「私がぶっ壊してやる!!」

タプリス「先輩……」


ガヴリール「私から離れるなよ、タプリス! ラッパ吹くぞ!!」

タプリス「わ、わかりました!」



ガヴリール「さあ帰ろう、私たちの世界へ!」

タプリス「はいっ、先輩!」




おしまい

48 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:23:51.743 ID:y+CSdlQEp
良い話風にしてるが全っ然わからん

49 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:24:15.760 ID:LPmRr03J0
おまえ叛逆見たな(笑)
毎日立てているようでご苦労さん乙。

50 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:24:39.045 ID:Q5FNtAB/0
乙乙

51 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:26:34.892 ID:oFDgYV1A0
乙だけど意味分からん

ラフィがなにしてるかもよくわからんし

52 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:39:44.053 ID:uRlWvITu0
なはっ!

53 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 22:48:00.970 ID:x95U3x69d
良い話系なのに展開が不穏なんだよなこの>>1

54 :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 23:49:10.230 ID:EgfPhjZUd
壮大な話だ乙

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)